New Entries

過払い請求の注意点

 過払い金については、「過払い請求」によって払いすぎたお金を取り戻す事が可能です。一般的には、消費者金融に連絡して今までの「取引履歴」を取り寄せ、利息制限法に基づく利息で再計算した金額を、「正しい利息額」として提示する事になります。今までに支払ってきた(もしくは支払った)利息と「正しい利息」の差額が、過払い金として借り手のもとに返還されます。

 ただし、借り手が直接、金融業者と交渉を行なった場合は全額返済を行なわないケースも多いようです。また、取引履歴などの書類や連絡のやり取りを通じて、家族に借金の存在が知られてしまう可能性も考慮する必要があります。ですから、確実に過払い請求を行ないたい、家族に内密で手続きを行い方は、弁護士か司法書士に手続きを依頼するようにしましょう。

 一方で、弁護士や司法書士に過払い請求を依頼すると「ブラックリスト」に名前が記載されるため、しばらくのあいだ融資を受けられなくなるというデメリットも存在します。たとえ裁判所を通さず「和解」という形を取っても、弁護士が介入した時点でブラックリストに記載される事が多いようです。

 平均的に、過払いは7年程度の返済期間を越えると発生するケースが多いようです。返済期間が長期になるほど過払い発生の確率は高く、金額も大きくなる傾向あるようです。ただし中には1年未満の返済で過払いが発生する事例もありますから、とにかく借金の返済にお困りの方は、一度、過払いが発生していないかどうか確認してみる事をおすすめします。

cms agent template0039/0040 ver1.002